SY99修理 その1

実家に戻った時に、久々にSY99の動作をチェックしましたが、フロッピーディスク(FD)が読めなくなったのと、バックライトが点灯しなくなっていました。

古い機材なので仕方がないのですが、このまま放置するのもどうかと思いますので、自分で修理してみようと思います。

ついでにバックアップ用のボタン電池も内部の基板に直付けのようなので、これを機会に電池ホルダーにして交換しやすいような改造も行おうと思います。

まずは、フロッピーディスクドライブ(FDD)をどうにかすることから始めます。

FDを読み込まない原因ですが、ちょっとネットで調べると、どうもSY99に搭載されているFDDのベルトが切れていることが原因のようです。

そういえば、FDを読もうとすると、なんか内部で空回りしているような感じです。

ベルト自体は秋葉原の部品屋で買えるようですが、FD自体も入手しにくいですし、今更FDDで今後も運用するのもどうかなとおもいます。

ということで、ちょっと調べると、世の中にはUSBメモリやSDカードにFD の内容を保存したイメージファイルをFDをしてFDDをエミュレートする「FDDエミュレータ」というデバイスが存在するので、思い切って、これに換装することを目標にします。

FDDエミュレータでもいいかなと思ったのは、SY99のFDですが、PCの2DDのフォーマットと同じなので、PCなら普通に内容を読み込むことができるので、簡単にFDDエミュレータ用のイメージファイルが作成できるのでは? と考えました。

そこで、ネットで調べていくつか候補をピックアップしました。日本でも入手可能なもので、2DDドライブのエミュレータとして使えそうなものは以下のものでした。

HxC2001

SFRM72-FU-DL

HxCはFDイメージをSDカードで運用するもので、レトロPC, レトロシンセのFDDエミュレータとして実績があり、日本語の情報も結構あります。2DD フォーマットに限らず、様々なディスクイメージのフォーマットにも対応しているようです。その分高価で、日本の代理店?で購入すれば軽く2万円を超えます。

SFRM72-FU-DLはUSBメモリで運用するもので、ネットにもあまり情報は多くありません。ただ中国製でHxC2001の1/4以下の価格で購入できますが、FDのエミュレートも2DD専用になります。

ということで、いろいろ考えた結果、SFRM72-FU-DLを使ってみることにしました。

理由としては、HxC2001は高価なのと、SY99のフロッピーディスクには特にプロテクトがあるわけではなく、2DDフォーマットが読み込めるPCがあればFDのイメージ化は簡単にできそうなので、SFRM72でも問題ないかな? と考えたからです。

ということで、SFRM72-FU-DLを購入しました。ちょうど国内のネットショッピングで扱っていたので、そこで購入しました。4760円でした。ただし、送付元が中国だったので輸送期間が余裕で2週間を超えました。

ebayで購入すればもっと安く購入できます(もちろん送付もとは中国です)が、ちょっと割高でしたが、トラブルがあった時に初期不良対応はできるかなと思い、日本のネット通販で購入しました。

まずは動作確認もかねて、手元のPCに接続してFDのイメージ化を行いました。

参考にしたのはここここここです。

型番が違いますが、USBメモリが2GBまでとかいう情報がありますが、4GBのメモリでも動作しています。確認していないですが、もっと高容量でもFDD エミュレータのほうは多分大丈夫だと思います。付属ソフトのほうはどうかわかりませんが・・・

また、ここで機種は違いますが、本体の改造の記事があります。これを参考に、ホストからFDDエミュレータに対してアクセスがあるとUSBメモリのデータが破損する可能性があるようなので、同じ改造をします。

ただし記事ではS1ジャンパーに対してスイッチをつけてハード的にホストから切り離すという対応のようですが、このS1ジャンパーピンですが、ドライブセレクト信号のことだと思います。ドライブセレクトは1のほかに0ものあり、どちらを使うかは、多分機種依存です。

これについては、SY99を分解したときに、オリジナルのFDDを確認してS1かS0かを確認する必要がありそうです。

参考にした記事をもとに、今現在使用しているWindows7のPCのFDDでSY99のディスクを読み込ませましたが、なぜか読めません。使用していたFDDは3modeに対応してるもので、Windows98の頃から使用しているものです。Windows98の頃は問題なくSY99のFDがよみこみ可能でした。

古いものなので、ドライブの故障も疑いましたが、Window98を別途インストールして、このFDDを接続してSY99のディスクを読み込ませてみましたが、問題なく読み込めます。

多分最新のWindowsでは720KBのFDDはSupportしてないのだと思います。

新しく用意したWindows98マシンでSY99のFDをすべてbackupして、FDDをFDDエミュレータに換装して、PC内にBackupしたFDデータをFDDエミュレータに挿入したUSBメモリにコピーしました。

これで、交換用のFDDとFDイメージを格納したUSBメモリは用意できました。

次回の更新で実際に本体のFDDと換装する予定です。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA